labellelune.kyoto.jp

杏杏(シンシン)

by labellelune on 2016年8月30日, no comments

またまた久々の更新。。。

このブログやめた訳ではありませんのであしからず☆

兵庫県は神戸市中央区
兵庫県庁から徒歩5分ほどの住宅街の中にある
廣東(広東)料理を食べさせてくれるお店 杏杏(シンシン) さん
3度目ほどの訪問でしょうか
広東料理の中では一番お気に入りのお店です

全ての料理を注文したわけではないのですが
おそらくはどの料理も間違いなく美味しいであろうと思わせてくれる味であることは間違いないです
それだけにメニューを見ると悩んでしまうのですが

お気に入りでいつも必ず注文するのが
この腸づめです

見るからに旨味がたっぷり詰まってそうなこの出で立ち
つくり方はわかりませんが
おそらくは1週間以上は吊るしてるんでしょう
お肉の旨味がグッと濃縮されてて食べるとジュワッとその旨味と甘味が広がります
中国系のスパイスの香りもしっかりと口の中に広がって本当に美味しい
酒の肴に持って来いの一品です

お次はこちら
皮のパリッとしたやき豚
と、メニューに書いてある通り
皮のパリパリ感がたまらないやき豚
こういったタイプのやき豚ってあんまり食べないから珍しいのもあるけど
皮の食感だけでなくて塩加減等々お肉の旨味もしっかりで最高です

お酒の肴になりそうな2品を紹介したところでお酒
お決まりの紹興酒と茅台酒(マオタイシュ)
紹興酒は皆さんお馴染みのもち米の醸造酒
米と麦麹を添加して3年熟成の日本ではオーソドックスな加飯酒です

そして茅台酒
こちらは好きな方や詳しい方はご存知だと思いますが
調べてみたら世界3大蒸留酒なんですね~(ウイスキー、コニャック)
中国の国酒でもあるこの茅台酒
主に高梁(コウリャン)と呼ばれる植物を使った蒸留酒で
アルコール度数は様々ですがこちらのは確か53℃と強め
注文したらお店のおじ様が怪しい容器(茅台酒の容器はどうしてもそう感じてしまいます。。。)と
ショットグラスを持ってきて入れてくれます
これを2,3杯飲むとお兄さん強いねと気に入られるのでサービスが良くなります(海外にいるみたいですね)
って書くと普段はサービス悪いのかというと決してそういうことでは無いです

こちらはパクチーと白髪ねぎがたっぷりでわかりづらいですが
胃袋ボイルです
これも肴には持って来いでお酒がすすみます

これは牛ばらの炒めものだったかな
だんだんと記憶が。。。
こちらのお店はHPにも広東家庭料理とあるように
アットホームな雰囲気でとてもいい感じのお店です

この日は炒飯を
過去2回は人気の中華粥を頼んでいたのですが
炒飯もしっかり美味しい
でも交互に行くなら次回はやっぱり中華粥ですかね~
生姜がきいた心の芯まで温まるお粥
書いてるだけで食べたくなってきました

最後は焼きそば
見ていただいた通り麺が平打ちでもっちりしてて
これまた美味しく仕上がっています

他の方の口コミを見ていると
カレーも美味しいとのこと
これはカレー好きとしてはすぐに食べにいかないといけません
神戸といえば中華街に行きがちですが
機会がありましたら是非ともこちらのお店に足をのばしてみて下さい

杏杏
11:30 ~ 13:30(土曜日のみ)
17:00 ~ 21:00 (L.O.)
日曜、第3月曜定休
兵庫県神戸市中央区下山手通4-13-14
078-322-3339

 

song of the day (今日の1曲)
Harmonica Creams ‎/ カプレカ #6174
ケルト×ブルーズという異色のバンドであるハモニカクリームズ
ハモニカ、ヴァイオリン、アイリッシュギターで奏でる独特の世界観は圧巻です
このバンドは家で音源で聴くよりも断然LIVE
野外イベントなんかの山深いところでこの曲を聴けたら最高でしょうね☆
Futura Ancient Alchemy の5曲目です♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です